思い出深い合宿免許について

バナー

思い出深い合宿免許について

自動車免許を取得するにあたり、通学免許でいくか、合宿免許でいくかは誰もが悩むところです。わたしの場合、ちょうど免許を取得したいと考えた時が学生の時分であったため、夏休み免許合宿にいくことを選びました。

今、最も注目を集めるカップルプランが選べる免許合宿に関する企業の一覧です。

合宿免許は通学免許よりも比較的安価に免許が取得でき、期間も泊まりこみなので短期間で済むのが特徴です。 いわば短期集中で一気にとってしまうというプランなので、だらだらやることを好まないわたしにとっては、安さも相まって理想的なプランでした。

合宿先は、しばしば山形や秋田などの都心から離れた土地での受講が多く、旅行好きのわたしにはうってつけだといえました。わたしは山形の教習所に行きました。 のんびりした土地で、怖いと聞かされていた教官も、話し口調に山形弁がまじり、どことなく親しさを感じられました。合宿で一緒になった仲間も、方々の県からやってきた学生が多く、性格も考え方も少しずつ異なっていて、それも刺激的なものでした。

知らない土地で知らない仲間と同じ目的に向かって過ごすというのは、さながらリュックひとつで旅をするバックパッカーのような気持ちです。学科の試験、実技の試験は決して簡単に通るものではありませんでしたが、仲間と教え合うことによってクリアすることが出来ました。

おそらく、孤独に学んでいたのでは途中で心が挫けてしまったかもしれません。晴れて免許をとった後、同じ時を過ごした仲間とドライブに出かけたのもいい思い出です。 このように、わたしの合宿免許は結果として大変よいものでありました。